小林こうせい歯科クリニック

小林こうせい歯科クリニックは一般歯科、小児歯科、矯正歯科、歯科口腔外科、審美歯科、インプラント

診療科目

一般歯科
小児歯科
矯正歯科
歯科口腔外科
審美歯科
インプラント

 

HOME»  総義歯(総入れ歯)

総義歯(総入れ歯)

院長は東京医科歯科大学歯学部を卒業後、総義歯(総入れ歯)を専門とする同大高齢者歯科学講座に10年間在籍し、総義歯に関して特別なトレーニングを積んできました。
また、学部学生の臨床実習のインストラクターを4年間務め、学生を指導しながら数多くの総義歯を製作してきました。

 

総義歯

 

総義歯製作上の重要なステップに型取り(印象)があります。
歯がなくなった口の中の粘膜には境目がありません。
多少大きく、あるいは小さく型をとって作ってもとりあえず義歯は入ります。
しかし適正な大きさに型取りしないと快適な義歯にはなりません。

特に下の義歯は粘膜の下の筋肉の上に乗ることになるため、噛んだり、飲み込んだりしたときの筋肉の動きを妨げないようにます。
そのために解剖学的な知識をもとにして、機能時の筋肉の動きを印記しながら型取りをする必要があります。

 

総義歯

 

もう一つの重要なステップはかみ合わせの位置決めです。
下顎は左右の関節(顎関節)と筋肉によって支えられています。
関節内で下顎は自由に動きます。この関節が最も安定する位置と総義歯のかみ合わせの位置がぴったり合うようにします。

長年合わない入れ歯を使っていて、関節に歪みが生じている場合は、治療用の義歯を最初に製作してその歪みを治してから最終的な義歯を作ることもあります。

 

総義歯

 

総義歯

 

写真のように適正な大きさに型を取り、適正な歯の配列とかみ合わせが与えられた総義歯はバランスの良い形をしていて、口の中でも安定します。