小林こうせい歯科クリニック

小林こうせい歯科クリニックは一般歯科、小児歯科、矯正歯科、歯科口腔外科、審美歯科、インプラント

診療科目

一般歯科
小児歯科
矯正歯科
歯科口腔外科
審美歯科
インプラント

 

HOME»  顕微鏡を用いた根管治療

顕微鏡を用いた根管治療


歯の中心部には歯髄腔と呼ばれる空洞があり、その中には細かい神経や血管で満たされた軟らかい組織が存在します。
これがいわゆる歯の"神経"と呼ばれている部分です。

虫歯が進行した場合や歯に亀裂が入ったときに歯髄腔の中に細菌が侵入し、歯髄全体に炎症が拡がってしまうと、
残念ながら歯髄が元の健康な状態に回復することはありません。

さらに神経が死んでしまい細菌が歯髄腔の中に放置されると、細菌は根管と呼ばれる神経の入っていた管を伝いながら
歯根の先端に移行し、根の周りの骨を溶かしてしまいます。 

根管治療とはこの様に細菌で汚れてしまった歯髄腔と根管内を清掃し、細菌が骨に移行しないように根管内を緊密に
詰める治療のことをいいます。

 


虫歯が進行し歯髄に達しています。歯髄腔全体に炎症が拡がり歯髄(神経)は死んでしまいます。

死んだ神経の処置がされておらず、細菌が歯根の先端に移行し、周囲の骨が溶けています。

根管内の細菌と汚れを取り、細菌が繁殖しないように詰めました。適切な根管治療により溶けた骨は再生していきます。

 

この治療で重要なことは、根管内の細菌と汚れを可能な限り取り除くことにあります。
ファイルと呼ばれる針のような器具で汚れを取っていきますが、根管は細く暗いため肉眼での治療では入り口付近しか
見ることが出来ず、ほとんどの場合手指の感覚と勘に頼ることになります。 

根管内を見ながらより精度の高い治療をしたい!との思いから、数年前に歯科用顕微鏡を使い始めました。

歯科用顕微鏡マイクロスコープは視野を20倍まで拡大することができ、光軸がレンズと同じ方向についているので
明るく細部までよく見えます。肉眼では見えなかった根管内も見えるようになり、今まで完全にきれいになったと
思っていた場合でも、実際は汚れが取りきれていないことが分かるようになり、以前よりも確実な治療が出来るようになりました。




 

肉眼で根管治療をしているイメージ。

マイクロスコープで見たイメージ。残っている汚れが確認出来ます。
(実際はもっと明るく根管内も見えます。)